カリキュラム

情報システム専門科 医療情報専攻/3年課程

医療現場の知識を学び、医療情報技師分野へ進む
病院で活躍できる人材となるため、医療制度や診療体系、部門・職種毎の業務など、まずは現場レベルでの知識を身につけます。医療業界への高い意識と知識で、医療情報基礎知識検定の合格を目指します。

医療情報技師の技術と資格を身につける
院内システムの運用・保守や、診療データの集計・解析に必要なネットワーク・データベース技術を学習。情報処理、医療情報、医学医療の3分野をしっかりと学び、医療情報技師能力検定合格を目指します。さらにメディカルクラーク検定を目指すことで、診療から請求までの流れを学びます。

システム演習・実務経験で医療情報従事者へ成長
病院情報システム(医事コン・電子カルテ)の演習をとおして、医療情報技師能力検定とメディカルクラーク検定で学んだ知識を実務につなげていきます。病院実習や介護体験により、患者様と医療従事者の絆をITで支援する医療情報従事者へと成長します。

情報ビジネス科 医療事務専攻/2年課程

受付・診療費算定・請求の3本柱を学ぶ
患者様接遇、診療請求の正確な請求業務を学びます。診療請求のパソコン義務化(2011年~)により、重要な要素となっているパソコン操作、仕組み、事務ソフトの活用方法を学習。また、メディカルクラーク検定を目指すことで、それらの知識を実務につなげていきます。

実務経験で感性豊かなメディカルクラークへ成長
医事コンの操作演習をとおして、メディカルクラーク検定で学んだ知識を整理。病院実習や介護体験により、患者様に安心を与える接遇・マナー、正確な診療請求業務の必要性を学び、患者様と医療従事者をつなぐ感性豊かなメディカルクラークへと成長します。

外来病院診療における医療情報システム

ピックアップカリキュラム

医事コン・電子カルテ実習

日医標準レセプトソフトで患者情報の登録と受付・請求データの作成業務を体験します。また、電子カルテソフトで診療データの入力と受付データ・診療データの連携を体験します。

医療情報技師対策講座

年1回開催される医療情報技師能力検定に向けて、「情報処理」・「医療情報」・「医学医療」の3分野の対策授業を行います。現場経験のある講師が、体験談も交えながら、分かりやすく解説します。

メディカルクラーク検定対策講座

医療機関等における受付業務、診療報酬請求事務業務に関する検定。医療事務・院内SE・医療系ベンダーSE、どの職種にも診療請求の知識は必須。病院業務や医療従事者との仕事では不可欠な基礎知識を学習します。

インターンシップ・懇談会

現場で患者様や医療事務、病院情報システムに接しながら、未来の自分の役割や使命を実感します。また、現場で活躍するメディカルクラークや医療情報技師に来校頂き、学生との意見交換会を開催することもあります。