KCS鹿児島情報専門学校

医療情報専攻

医療情報分野

医療の知識とITの技術を学び医療情報技師として人の役に立つ夢を叶える

医療機関では、急速にIT化が進んでいます。そんな中、「医療」と「情報」を融合させた画期的なカリキュラムで、これからの医療を支える、医療情報のスペシャリスト(医療情報技師)を育成します。

目指す職業

医療情報技師

医療情報技師
電子カルテや地域ネットワーク医療の普及など、近年急速にIT化が進む医療機関において、その核となる情報システムの構築・管理を担います。

メディカルエンジニア

メディカルエンジニア
医療用電子機器やシステムを扱う技術者です。手術室や検査室などで導入されている最新の医療用機器を正しく運用し、保守・点検を行います。

医療系システムエンジニア

医療システムエンジア
医療ベンダーと呼ばれるIT企業に就職し、医療機関が利用する医療情報システムの開発を行ったり、それを医療機関に納入したり運用管理を行ったりします。

目指す資格

    • 医療情報技師能力検定
    • 医療情報基礎知識検定
    • 情報処理技術者試験(国家試験)
      • 情報セキュリティマネジメント
      • 基本情報技術者
      • 応用情報技術者
    • 情報処理安全確保支援士試験(国家試験)
    • Comp TIA認定資格
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト
    • 情報検定(J検) など

学びのPOINT

医療と情報を兼ね備えたプロを目指す

point01

「医療」と「情報」両方の知識と技術を備えた、これからの医療機関に欠かせないITで支える「医療情報技師」を育成します。

北海道情報大学の医療情報学部の講義を受講

point02

医療系科目となる「医学・医療」や「医療制度と医療情報システム」など、北海道情報大学医療情報学部の講義が履修できるのも大学併修科ならではの特長です。

幅広い分野で活躍できる専門家に

point03

「医療」と「情報」の分野を学ぶことで、医療機関だけではなく、医療系システムを開発する企業でも活躍できるスペシャリストを目指します。

医療情報専攻が選べる学科

大学併修科【4年課程】

電子カルテシステムの導入などにより、医療業界では「医療とI T」に精通する人材が求められています。そうしたニーズを受け、医療情報専攻では経営・情報・医療と幅広いカリキュラムを用意。大卒総合職として医療機関で活躍できる人材を育てます。

大学併修科について

学習の流れ

1年次 基礎力

初歩的なITの基礎と医療現場の知識を学ぶ

コンピュータの仕組みなどのITに関わる基礎を学びます。また、病院で活躍できる人材となるため、医療制度や診療体系、部門・職種毎の業務など、まずは現場レベルでの知識を身につけます。

2年次 応用力

医療情報技師の技術と資格を身につける

院内システムの運用・保守や、診療データの集計・解析に必要なネットワーク・データベース技術を学習。情報処理、医療情報、医学医療の3分野をしっかりと学び、医療情報技師能力検定合格を目指します。さらにメディカルクラーク検定を目指すことで、診療から請求までの流れを学びます。

3・4 年次 実践力

システム演習・卒業研究で実務に即した学習

病院情報システム(医事コン・電子カルテ等)の演習をとおして、医療系検定対策や授業で学んだ知識を実務につなげます。卒業研究では、システムの構築をチームで行います。開発の経験は作るだけでなく病院で運用し新たなシステムを導入する際の助けになります。

ピックアップカリキュラム

  • 医療情報基礎

    医療情報基礎知識とは医療情報を扱う人々が共通にもっておくべき基礎的な知識で、医療情報専攻で一番の根幹となる知識です。医療情報基礎知識検定を受験するための対策講座にもなっています。

  • 医療情報システム

    医療情報の特性、病院情報システムの概要と各システムの機能を学習します。医療系独特の考え方を学習し、医療現場のニーズに即したシステム開発できる力を身につけます。

  • 臨床医学

    人体の構造および臓器の構造と疾病を中心に学習する科目です。人体の構造、臓器ごとの構造、疾病の概要はもちろん、臨床看護、先進医療、臨床検査などが説明できるレベルまで学習できます。

  • 病院経営

    医用業界の全体的な概要と、病院内の業務の流れについて学習します。検査機器・医療機器の仕組み、治療の流れなど病院業務の細部まで理解する科目です。

TEACHER VOICE

医療情報科目担当 香川 麻美 先生

患者様のことを考えたシステム提案ができる技師を目指して

4年間で医療と情報の技術と知識を身につけます。就職先は、病院や病院システムを提供する企業となりますが、最終的なお客様は患者様。患者様のために頑張ってくれたらと思います。

香川 麻美 先生