医療情報・医療事務分野

医療機関のIT分野と事務分野で貢献する
「医療情報技師」と「医療事務スタッフ」を育成します

電子カルテや病歴・薬剤管理、医事会計システムに地域医療ネットワークなど、ITネットワーク化が進む医療現場におけるITのスペシャリスト「医療情報技師」。レセプト業務など専門性の高い知識が求められる「医療事務スタッフ」。
この2つの分野の即戦力を育てます。

学びのポイント

●医療情報専攻
医療と情報のプロを目指す

「医療」「情報」両方の知識と技術を備えた、医療機関のITを支える「医療情報技師」を育成します。

●医療情報専攻
幅広い分野で活躍できる専門家に

「医療」と「情報」の分野を学ぶことで、医療機関だけではなく、医療系システムを開発する企業でも活躍できるスペシャリストを目指します。

●医療事務専攻
医療事務の業務プラス、パソコン全般についても学ぶ

医療事務に求められる診療請求の業務や、患者様との接遇・マナーを学習し、さらにパソコン操作や仕組み、オフィスソフト(Excel、Word等)の活用方法まで学びます。

IT分野と事務分野。医療系の2つの学科を設置

情報システム専門科(医療情報専攻)
【3年課程】

IT化が進む医療機関においてニーズが高まる「医療情報技師」。医療とITが融合した専門的な知識が必要となりますが、担任や各分野の講師が段階的に進める3年課程のカリキュラムで確実に知識を習得し、「医療情報技師」となる人材を育成します。

情報ビジネス科(医療事務専攻)
【2年課程】

接遇マナーから医療事務、レセプト(診療報酬明細書)、医療会計など、専門性の高い医療事務業務から、簿記会計、ビジネス向けPC活用法など一般ビジネス業務の基礎知識も学びます。

在校生メッセージ

同じ目標を持った仲間と
楽しく勉強することができます

学科を問わず和気あいあいとした校風が、一番の魅力ですね。友だちがたくさんできて、同じ学年のみんなで女子会をしたりしています。授業で好きなのは、パソコンを使っての授業。先生方も話しやすく、わからないことがあっても気軽に聞くことができます。IT関係の勉強をする環境が整っているので、医療情報技師以外にも情報系のいろんな資格取得にチャレンジしていきたいです。

情報システム専門科
植山 ひなの さん​(国分高校 出身)

先生からのひと言

患者様に寄り添える
医療人を目指しましょう!

医療事務では、会計の方法から患者様への対応まで幅広い分野の知識を学びます。接遇マナーやグループ学習を通じて、人や社会とのつながりを大事にする社会人になってほしいですね。

医療情報科目担当
香川 麻美

鹿児島市内の企業でインストラクターやシステムエンジニアを経て、KCS講師に。