目指せる職業・取得できる資格

こんな仕事に就けます!

システムエンジニア(SE)

お客様のニーズを聞き、その企画に最適な情報システムを設計します。プログラマと連携することも多いため、コミュニケーション能力も求められます。

プログラマ

システムの設計に基づき、プログラミング言語などを用いてコンピュータプログラムを作成・開発します。経験を積んでシステムエンジニアにキャリアアップすることも。

ネットワークエンジニア

ネットワークインフラの設計、構築、運用管理を行います。ネットワークに関する知識・技術と、ネットワーク機器に精通している必要があります。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティを考慮したシステムの設計・運用・管理を行います。近年、情報セキュリティの重要度が増すにつれて社会的なニーズの高まっている職種です。

セールスエンジニア

営業職と技術職の両方の要素を併せ持つ仕事です。ITの専門知識を活かし、技術者として自社製品の導入を勧め、営業職として交渉や調整を行います。

タイトルを入力してください

働き方や生産性の改革が必要な今
情報サービスが社会を変える!

今後の人口減少とそれに伴う生産力低下の対応としてICT※1の活用が求められます。なぜならICTを有効に活用することで効率的な生産力が期待できるためで、具体的には労働参加率向上には「テレワーク※2」、「クラウドソーシング※3」、労働生産性向上には「AI等の活用」などが期待されています。事実、情報サービス業の売上高は年々増え続けており、システム開発分野は大変将来性のある分野と言えます。

総務省 平成29年版情報通信白書より
※1「Information and Communication Technology」の略、「情報通信技術」の略であり、IT(Information Technology)とほぼ同義の意味を持つ。
※2勤労形態の一種でインターネット等を活用して、時間や場所にしばられず家庭などで出社せず柔軟に働く形態をいう。
※3発注側はインターネットを介して仕事を依頼し、受注側は場所や時間に拘束されずに働く仕事の形態のこと。

システム開発分野で目指す資格

  • 情報処理技術者試験(国家試験)
    • 基本情報技術者試験
    • 情報セキュリティマネジメント試験
    • 応用情報技術者試験
    • ネットワークスペシャリスト
    • データベーススペシャリスト
  • 情報処理安全確保支援士試験(国家試験)
  • オラクルマスター
  • オラクル認定Javaプログラマ資格
  • 情報検定(J検)
  • SEA/J認定資格
  • Comp TIA認定資格 など

職業紹介ムービー