学費支援制度

KCSで学ぶキミを応援!学資支援制度
さまざまな「学資支援制度」でキミたちをバックアップします。

KCS独自の奨学金・特典

入学区分特典
【特典】奨学金10万円+入学選考料(15,000円)免除~5万円

  • AO入学
  • 指定校推薦入学
  • 推薦入学
  • 自己推薦入学

KCS奨学生特典
【特典】奨学金 前期授業料全額免除~入学選考料(15,000円)免除

第1期(応募期間 H28/8/1~H28/10/9)

  • 前期授業料全額免除(初年度のみ)
  • 前期授業料半額免除(初年度のみ)
  • 入学選考料免除

第2期(応募期間 H28/11/1~H28/12/18)
第3期(応募期間 H29/1/10~H29/2/26)

  • 前期授業料半額免除(初年度のみ)
  • 前期授業料10万円免除(初年度のみ)
  • 入学選考料免除

※KCS奨学生試験の結果により上記特典のいずれかを適用する。

支援・優遇特典
【特典】奨学金15万円〜3万円

  • 資格取得者優遇
  • 離島・県外者支援
  • スポーツ・文化活動奨学生
  • 大学等合格特典
  • 皆勤優遇
  • 社会人優遇

入学選考料免除特典
【特典】入学選考料(15,000円)免除

  • 入学区分(AO、指定校推薦、推薦での受験者)
  • KCS奨学生 入学選考料免除の該当者
  • KCSポイント取得者
  • インターネット出願の者
  • 大学等受験特典を利用の者

兄弟姉妹特典
【特典】奨学金10万円

  • 兄弟姉妹特典

※入学区分特典、支援・優遇特典、その他の特典および兄弟姉妹特典は組み合わせで重複利用が可能です。なお支援・優遇特典同士は重複しての利用はできません。

[詳しくは入学特典制度をご覧ください。]

公的学費支援制度・その他の制度

日本学生支援機構育英奨学金制度

優秀な学生で経済的な理由により修学が困難な方のために、奨学金を貸与する制度です。

日本政策金融公庫 (旧:国民生活金融公庫) の教育ローン制度

進学に関する家庭への経済的負担を軽くし、教育の機会均等を図る制度です。

KCSの提携学費ローン

進学や進級時における学費納入者の負担を一時的に軽減するため、本校の提携先である (株) オリエントコーポレーションまたは (株) ジャックスの教育ローンをご利用されると、在学中に発生する利子は本校が補給します。お申し込みはWebから簡単に行えます。

その他奨学金制度

銀行・農協などの教育ローンや各都道府県・市町村の「母子家庭」を対象とした制度もありますので各窓口へお問い合わせください。

日本学生支援機構の奨学金制度

この奨学金制度は、経済的理由で就学が困難な学生生に奨学金を貸与して教育の機会均等を図ることを目的として、日本学生支援機構が運営しているものです。

日本学生支援機構の奨学金制度の特徴

1. 無理なく返済できる
  • 第1種奨学金・・・無利息
  • 第2種奨学金・・・民間ローンに比べて極めて低利率である
  • 最大20年の長期に渡って返済できるので、月々の返済額が少なくて済む
  • 所得連動返済型無利子奨学金制度
  • 通常、返済は卒業後6カ月経過してから始まります。ただし、第1種奨学の中で、世帯の収入が一定額に達していない所得連動返済型無利子奨学生は、卒業後本人の所得がある一定額に達するまで、返済が猶予されます。
2. 本人が借りて、本人が卒業してから返済する
  • 民間ローンの所得審査のように、親が安定した所得が無くても借りられます。
  • 所得制限の上限はありますが、最近はほとんどの方がその制限を受けずに借りられています。

日本学生支援機構の奨学金制度の種類

1. 第1種奨学金
  • 無利息
  • 対象者:低所得世帯で成績優秀な学生・・・募集定員あり
  • 貸与額  
  • 自宅通学の場合    月額30,000円または53,000円
  • 自宅外通学の場合  月額30,000円または60,000円
2. 第2種奨学金
  • 有利息
    利率固定方式の場合:年利0.59%
    利率見直し方式の場合:0.10%     (参考:平成28年4月時点の利率)
  • 対象者:募集定員があり、成績と所得を総合的に判断して決定されますが、第1種奨学金よりは借りやすい制限です。
  • 貸与額
    30,000円,50,000円,80,000円,100,000円,120,000円から希望額を選択

日本学生支援機構の奨学金制度の申込時期

1. 予約奨学生
  • 高校在学時に、大学や専門学校進学に備えて予め申し込んでおき、予約奨学生の権利を獲得しておきます。詳しいことは高校にお問い合わせください。
  • 予約奨学生は、大学や専門学校に入学したら、その学校の指示に従い進学届を出すことで、概ね5月から貸与が開始されます。
  • 大学進学を前提として予約奨学生として採用された方が、専門学校に進学されても、奨学生予約は有効です。
2. 在学奨学生
  • 本校入学後の4月に本校を経由して奨学生の申込を行います。
  • 貸与開始は6月または7月からになります。なお、その場合でも希望すれば、4月分から貸与されます。
  • 応募者が多い場合、選考に漏れる場合があります。それでも秋口に追加応募があり、その時点でほぼ希望者全員に貸与されるようになります。
3. 緊急採用奨学生または応急採用奨学生
  • 奨学生の申込は通常4月ですが、それ以外に世帯主が死亡・病気になった・失業した・災害にあったなど、家計が緊急に著しく悪化した場合は、何時でも直ちに申し込むことができるので該当する場合は、ご相談ください。この場合も本校を経由して申し込みます。(なお、そのような事象発生後1年経過してからは申し込めませんので、ご注意ください。)

日本政策金融公庫 (旧:国民生活金融公庫)の教育ローン

日本政策金融公庫 (旧:国民生活金融公庫)の教育ローンは、いわゆる「国の教育ローン」と呼ばれ、教育資金を目的で低利で融資が受けられます。

「国の教育ローン」の特徴

1. 無理なく返済できる
  • 利率 年2.05%(平成28年4月現在  母子家庭または世帯年収が200万以内の方は年1.65%)
  • 融資額    学生1人につき350万円以内
  • 返済期間  15年以内(交通遺児家庭または母子家庭、世帯年収が200万以内の方は18年以内)
2. 使いみちは、教育目的に限定されます

学校納付金、受験費用、住居に係る

3. 返済方式

在学期間内は元金を据え置き、利息のみを返済とすることができます。

4. 連帯保証人

連帯保証人の代わりに(公財)教育資金融資保証基金に保証料を支払う方法もあります。

「国の教育ローン」の取扱窓口

1. 日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店
鹿児島支店 〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町1-26 099-224-1241099-224-1241
鹿屋支店 〒893-0009 鹿児島県鹿屋市大手町2-19 0994-42-51410994-42-5141
川内支店 〒895-0027 鹿児島県薩摩川内市西向田町5-29 0996-20-21910996-20-2191
2. 最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)

ご相談は各金融機関へお問い合わせください。なお相談にあたっては相談先金融機関の教育ローンを勧められる可能性が高いので、「国の教育ローン」と明確に申し出てください。

九州労働金庫(九州ろうきん)の教育ローン

九州ろうきんの教育ローンは、教育資金目的の場合、無担保・低金利でご利用できます。
   固定金利   2.20%(保証料別途0.7%~1.2%が上乗せ)       平成28年4月現在
   変動金利   1.80%(保証料別途0.7%~1.2%が上乗せ)
九州に居住または勤務していて、勤続年数が1年以上で、安定した年入が150万円以上ある方がご利用いただけます。
九州労働金庫の各支店にご相談ください。

KCSの提携ローン

本校では以下の2社と提携し、教育ローンを紹介しています。

  1. オリコ『学費サポートプラン』
  2. JACCS教育ローン悠裕プラン 

どちらの教育ローンも、本校の「利子補給制度」が利用できます。
「利子補給制度」は、在学中に発生する借入利息を本校が支払うKCSだけの学費支援制度です。これにより、ご利用される皆様の在学中の返済をゼロにすることもできます。

  株式会社ジャックス 株式会社オリエントコーポレーション
商品名 悠裕プラン 学費サポートプラン
対象 入学金、授業料などの納付金 入学金、授業料などの納付金
利用限度額 3万円以上500万円未満 3万円以上500万円未満
金利 実質年利3.5%(固定) 年利3.5%(固定)
返済方法 ①元利均等分割払い
(ボーナス併用払いも可能)
②元金据置払い
①通常分割方式
②ステップアップ分納方式
③リレー分納方式
申込方法 Webまたは電話 Webまたは電話
お問合せ・申込先 株式会社ジャックス
コンシュマーディスク
電話 0120-338-8170120-338-817
営業時間
10:00~19:00(平日、土日祝日)
株式会社オリエントコーポレーション
学費サポートディスク
電話 0120-517-3250120-517-325
営業時間
9:30~17:30

教育資金の賢い調達方法

教育資金を借りるなら、低利で長期返済が可能な日本学生支援機構の奨学金を基本にしましょう。しかし、入学までまでに入学金や前期授業料の支払いが必要です。アパートの確保などの支度金も必要になる方もいます。日本学生支援機構の奨学金の貸与開始は、早くても入学後の6月なので、それまでのつなぎ資金として各種教育ローンをご検討ください。

日本学生支援機構の奨学金は、4月に遡って貸与を受けることができます。また入学時特別増額貸与奨学金という制度があり、月々の貸与額とは別に、入学時点で必要となった入学金や支度金等の貸与も受けられます。
したがって入学前に借りた各種教育ローンは、入学時特別増額貸与奨学金で速やかに完済し、借り入れは金利負担の最も軽い日本学生支援機構に一本化することをお勧めします。

日本学生支援機構の奨学金を基本とする。
入学前に必要となる教育資金は、各種教育ローンを検討する。
各種教育ローンは日本学生支援機構の奨学金で速やかに完済する。

オリコの提携教育ローン

本校と信販会社が提携し、学費の分割払いができる教育ローンが利用可能です。
また、在学期間中に支払った利息を本校が負担する「利子補給制度」があります。(ただし、大学併修科の大学分費用の借り入れには「利子補給制度」は適用されません)

オリコ学費サポートプラン

KCS鹿児島情報専門学校分のご案内・お申込み
北海道情報大学分のご案内・お申込み

ジャックスの提携教育ローン

本校と信販会社が提携し,学費の分割払いができる教育ローンが利用可能です。
また,在学期間中に支払った利息を本校が負担する「利子補給制度」があります。(ただし,大学併修科の大学分費用の借り入れには「利子補給制度」は適用されません)

ジャックス悠裕プラン

KCS鹿児島情報専門学校分のご案内・お申込み
北海道情報大学分のご案内・お申込み