システム開発

IT業界直結の充実カリキュラムで世界で通用するプログラマ・システムエンジニアに。

システム開発分野では、時代を牽引するトップエンジニアの育成を目指して、システム開発とプログラミングを中心に高度なIT技術を習得します。特に技術者が不足しているネットワークや情報セキュリティ分野もしっかり学びます。

学びの深度によって、2つの学科を設置。

情報システム専門科【3年課程】

システムエンジニア・ネットワークエンジニア・情報セキュリティエンジニアなど高度な技術を持つITのスペシャリストを育成。

情報メディア科【2年課程】

即戦力として活躍できる技術を身につけたプログラマを育成。

「システム開発」3つの特徴

①高度なIT技術を身につける。

システム開発・プログラミングなどを習得。WindowsやAndroid、Linuxなどマルチに対応できるシステムエンジニアを目指します。

②ネットワーク&セキュリティを学ぶ。

IT業界団体が認定している標準教育カリキュラムに則り、ネットワークやセキュリティに関する高度な技術を習得します。

③国内外トップレベルの資格を目指す。

情報処理技術者試験(国家試験)や世界で通用するベンダー試験など、ハイレベルな資格取得を目指すことができます。

在学生メッセージ

資格取得が大きな自信に!!

CMで学校の存在を知り、わかりやすいHPで入学を決めました。Javaの授業ではグループを作りコミュニケーションを図りながら課題を進めていきますが、みんなで培った経験は社会人になっても役に立つと思います。将来の夢は自分にとって最高の職場に務めることです。将来の夢を狭めないために、資格をたくさん取得できるよう日々勉強しています。パソコンに何の知識もなくタイピングが遅かった私でも資格を取得でき、それが大きな自信につながっていくのがとても楽しいです。普段、授業中などは真剣に取り組み、わりと落ち着いた雰囲気なのですが学園祭やレクリエーションなどイベントの際は、みんな楽しんでとても賑やかになります。放課後は友人と集まり将来のことなどを話して充実した学校生活を送っています。

情報システム専門科 システム専攻
川村 遥香​(鹿児島県立開陽高等学校 出身)

先生からのひと言

知識/技術だけではなく
社会人の心構えを身につける

社会に出て求められる高度な知識/技術とともに、常識ある行動や、組織の中での自己表現の仕方を、KCSでの学校生活・学習を通じて、身につけてもらえればと思っています。

システム系科目担当
竹迫 伸一郎

食品メーカー在庫管理システム、営業支援システム、業務ワークフローシステムの開発に従事後、KCS講師になる。