医療情報

医療機関のITを支えるプロ、「医療情報技師」として現場の即戦力に。

急速にIT化が進む医療業界では、電子カルテや病歴・薬剤管理、医事会計システムなどの導入はもちろん、今後は地域医療ネットワークの 構築という課題もクリアしていかなければなりません。そこで求められるのが、医療の知識とIT技術を兼ね備えた医療情報スタッフ。
医療情報分野では、患者さんの命と個人情報を預かる医療情報のスペシャリストを育成します。

情報システム専門科[3年課程]

医療情報のスペシャリストを目指し、IT化する医療機関を支えるプロに。

「医療情報」3つの特徴

①医療と情報のプロを目指す!

「医療」「情報」両方の知識と技術を備えた、医療機関のITを支える「医療情報技師」を育成します。

②病院業務スキルを学び、即戦力に!

電子カルテや医事会計システムなど、医療機関で即戦力となるスキルを身につけ、医療事務スタッフとしても一歩リードします。

③幅広い分野で活躍できる専門家に!

情報処理技術者国家試験や「医療情報技師」など、就職に有利な資格を目指し、病院以外の企業にも通用する実力を身につけます。

在校生メッセージ

初心者からのスタートでもしっかり成長できる!

テレビCMでKCSのことを知り、医療情報技師の資格が取得できることが魅力だと思い、「この学校に行こう」と決めました。KCSでは基礎からしっかり教えてもらえるので、高校で情報系の科目がなく、まったくのパソコン初心者でも心配はいりません。
KCSでの授業は将来役に立つと思える実践的なものばかり。医療情報専攻では、情報系の授業だけでなく『医学医療』や『臨床医学』の授業のように医療系の授業もあるので、知識が広がって楽しいです。新しい知識を学ぶ楽しさがあるので、高校時代までに比べて、自分から積極的に勉強する姿勢が身についたと思います。
将来は医療情報関連の仕事に就きたいと考えていて、今はそのための資格の勉強に取り組んでいます。

情報システム専門科 医療情報専攻
森山 結衣(鹿児島市立鹿児島女子高等学校 出身)

先生からのひと言

「情報」×「医療」で社会に貢献できるチカラを!

KCSの代名詞である「情報」だけでなく、「医療」についての知識を身につけることができます。電子カルテや医事コンピュータなど急速にIT化が進む医療現場で、必要とされる人材になりませんか?

医療情報担当
香川 麻美

鹿児島市内の企業でインストラクターやシステムエンジニアを経て、KCS講師に。