医療情報

医療機関のITを支えるプロ、「医療情報技師」として現場の即戦力に。

急速にIT化が進む医療業界では、電子カルテや病歴・薬剤管理、医事会計システムなどの導入はもちろん、今後は地域医療ネットワークの 構築という課題もクリアしていかなければなりません。そこで求められるのが、医療の知識とIT技術を兼ね備えた医療情報スタッフ。
医療情報分野では、患者さんの命と個人情報を預かる医療情報のスペシャリストを育成します。

情報システム専門科[3年課程]

医療情報のスペシャリストを目指し、IT化する医療機関を支えるプロに。

「医療情報」3つの特徴

①医療と情報のプロを目指す!

「医療」「情報」両方の知識と技術を備えた、医療機関のITを支える「医療情報技師」を育成します。

②病院業務スキルを学び、即戦力に!

電子カルテや医事会計システムなど、医療機関で即戦力となるスキルを身につけ、医療事務スタッフとしても一歩リードします。

③幅広い分野で活躍できる専門家に!

情報処理技術者国家試験や「医療情報技師」など、就職に有利な資格を目指し、病院以外の企業にも通用する実力を身につけます。

在校生メッセージ

「就職」という目標のために「資格」を取る

学校の雰囲気を知りたくてオープンキャンパスに参加し、在校生の話や先生方から資格のサポート、就職について聞けたことが入学の決め手になりました。情報と医療の授業では学ぶことが違うので飽きずに成長できていると思います。授業以外ではクラス・学年・全校でのレクリエーションがあったり、週1回の部活ではクラスの仲が深まるだけではなく他の学年の人たちとも交流できて楽しいです。将来は医療関係の職に就きたいので、そのために資格取得が大事だと思っています。情報系の知識が無くても丁寧に基礎から学ぶことができて、資格取得へのサポートもとてもしっかりしているので、自分の意思次第で様々な資格にチャレンジできることもKCSの強みだと思います。

情報システム専門科 医療情報専攻
鳴戸 美香​(学校法人鹿児島学園龍桜高等学校 出身)

先生からのひと言

人や社会とのつながりを大事にする
社会人に!

社会人に必要なスキルは、技術面だけではありません。接遇マナーやグループ学習を通じて幅広い知識を学び素敵な社会人になるために一緒に楽しく成長していきましょう!

医療情報担当
香川 麻美

鹿児島市内の企業でインストラクターやシステムエンジニアを経て、KCS講師に。