医療事務専攻

「医療事務専攻」3つの特徴

①医療事務の基礎が身につく。

医療事務の知識や最新の病院システム、接遇マナーなど、医療事務業務の基礎が身につきます。

②医事コンピュータの実習で即戦力に。

医事コンピュータや電子カルテの学習を通して、医療費の請求の仕組みから診療報酬明細書作成まで学び即戦力に。

③インターンシップで経験値アップ!

病院でのインターンシップを通し、学校で学んだ知譜や技術を現場で実践できるので、仕事に対する具体的な将来像が描けます。

医療事務全般の基礎を学ぶ。
医療事務の知識、接遇マナーなど、医療事務業務の基礎は当然、簿記会計、パソコンソフトの活用方法やビジネス実務全般にわたる基礎知識も学ぶ。

病院でのインターンシップを通じて医療事務の実力を高める。
コンピュータを使ったレセプト(診療報酬明細書)作成や、医療会計を学習する。医療情報に関する基礎を学習する。

取得できる資格

  • 医療情報基礎知識検定
  • 医療事務技能審査試験
  • ビジネス能力検定
  • 日商簿記検定
  • 日商販売士検定
  • 秘書検定 など
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Word]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Excel]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Powerpoint]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Access]

目指せる職業

一般事務・経理スタッフ
資料の作成やデータ分析、顧客・売上管理など、企業においてパソコンの利用はもはや常識。ワンランク上の情報技術を持っておくことで活躍の場が広がります。

医療事務スタッフ
医療機関で事務や経理などの業務を行う仕事です。パソコンを使ったデータ入力や書類の作成に加え、診療報酬請求業務(レセプト業務)などが主な業務です。

営業・広報スタッフ
商品PR、イメージ戦略、顧客ケアにおいて情報の価値を知る人材の有無、その差は企業発展を左右します。

販売スタッフ
お客さんと接する販売の仕事にもITは欠かせません。商品の在庫管理や顧客管理など、ITの知識と技術を持っていれば幅広いフィールドで活躍できます。

パソコンインストラクター
パソコンの活用方法を教えたりトラブル解決ができる人は貴重な存在。パソコン教室の講師をしたり、客先に出向いて教えたりします。将来、パソコン教室の開校も夢ではありません。

Curriculum Pick Up

高いパソコンスキルを併せ持つ医療事務を目指し、病院業務、医療事務などの知識およびパソコン活用術を習得します。

医療事務

医療事務の基礎知識とレセプト(医療報酬明細書)の作成手順、各種保険制度の概要を学習し、医療事務技能審査試験の合格を目指します。

※科目は平成28年度予定

就職先一覧

  • 医療法人青仁会 池田病院
  • 医療法人七徳会 大井病院
  • 医療法人育生会 坂口病院
  • 医療法人英仁会 中野脳神経外科
  • 医療法人厚生会 小原病院
  • 医療法人慈正会 宮之原循環器内科病院
  • 医療法人寿洋会 四元歯科
  • 株式会社クリニカルパソロジーラボラトリー
  • JA鹿児島県厚生連病院
  • 社会福祉法人ウイズ福祉会
  • あすくーる入来
  • 社団法人肝属郡医師会立病院
  • 株式会社ティーエスアイ
  • 株式会社ニチイ学館 鹿児島支店
  • ノアメディカルシステム株式会社 鹿児島営業所
  • 愛宕山診療所